サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 事業承継税制だけはやめなさい① | トップページ | 事業承継税制だけはやめなさい➂ »

2023年12月26日 (火)

事業承継税制だけはやめなさい②

今年も多くの経営者から聞いた言葉が、

「うちの税理士からは事業承継税制を勧められています」

というものです。

株価が高騰している会社であれば、

後継者への株式承継は経済負荷が大きく大問題です。

しかし、多くの経営者は事業承継税制に不安を感じています。

だから、勧められていることを私たちに伝えてくるのです。

 

②株式を担保として差し出すことになる

 

事業承継税制の納税猶予を受けるには、担保が必要になります。

「何に対する担保ですか?」と聞かれることがあります。

猶予される納税額に対する担保です。

納税猶予される者が対象なので、

株式を引き継いだ後継者が担保を差し出すことになります。

この担保が必要、ということが、

事業承継税制のなかであまり大きく取り扱われていません。

この税制の申請者にとって大きなデメリットとなるからです。

だから国は声を大きくして言いたくないのです。

 

税理士でさえ知らない方がおられます。

「先生、この制度は担保が必要になるでしょう。」

と言うと、

「そこまで細かいことは、私は把握していないが、

 うちのスタッフは把握していますよ。」

と言った税理士がいました。

“どこが細かいことやねん!”と言いたくなるのです。

 

要は、納税猶予の額に見合う担保の提示が必要なのです。

担保となるのは、「有価証券、不動産等」とされています。

多いのは、

後継者が会社の株式を担保として差し出すケースです。

後継者には、株式以外、そう大きな財産などないからです。

 

昨日書いたとおり、事業承継税制は終わりなき猶予です。

なので、株式以外のものに担保を交換しない限り、

延々と自社の株式を税務署に担保にとられたまま、

ということになるのです。

 

担保から外れるのは、事業承継税制の認定が取り消しになり、

猶予されていた税金を払ったあとです。

結局、「猶予」という名の税務署に対する「借金」なのです。

だから、猶予期間には金利もつきます。

いま現在では約0.7%前後、と言われています。

事業承継税制を受けて数年後に認定取り消しになれば、

猶予されていた税金と利息を、

10カ月以内に払わなければならないのです。

これはかなり大きなリスクです。

 

「うちの税理士先生が勧めるから。」程度の理由で

このようなハイリスクの制度を採り入れないでほしいのです。

お勧めする税理士が、リスクの詳細をどこまで把握しているのか、

まずは確認してほしいのです。

それでこの担保のことが出てこなければ、

よく理解せずに事業承継税制を勧めている、と考えて間違いないのです。

 

(古山喜章)

« 事業承継税制だけはやめなさい① | トップページ | 事業承継税制だけはやめなさい➂ »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事業承継税制だけはやめなさい① | トップページ | 事業承継税制だけはやめなさい➂ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック