サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 納税猶予は名案でなく迷案 | トップページ | 納税猶予は名案でなく迷案③ »

2024年2月27日 (火)

納税猶予は名案でなく迷案②

納税猶予を考えている、考えてきた経営者にお会いして、

共通することが見えてきました。

 

それはみなさん、「無責任」ということです。

 

こういうと、納税猶予を考えている経営者に怒られそうです。

 

「何を言ってるんだ?!

せがれのことを考えて、俺の株式の贈与税や相続税を

払わずに済ませようというのに、何が無責任だ!」

 

「俺もさんざん色々と考えてきたが、

結局、いい対策はなかった。

だから、納税猶予しか残されていないんだ!

これまで色々と見聞きして出した答えだ!」

 

こういった声が聞こえてきそうです。

 

確かに、譲る側、先代からすると、

納税猶予は魅力的に映ることと思います。

 

何せ、自分の株式を移動させることで発生する

巨額の税金の支払いをせずに済むからです。

お子さんが納税したとしても、何十年後です。

 

ところが、譲る側と同時に、

譲られる側の声、本音も入ってくるのです。

 

「父は、納税猶予に前のめりですが、

私としては、気が進みません・・・」

 

こういう声が多いのもまた事実です。

言ってみれば、後継者からすると、「ありがた迷惑」なのです。

 

それでも、先代のパワー、圧力、押しつけに負けて、

納税猶予を受け入れざるを得ない、

のです。

 

(福岡雄吉郎)

« 納税猶予は名案でなく迷案 | トップページ | 納税猶予は名案でなく迷案③ »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 納税猶予は名案でなく迷案 | トップページ | 納税猶予は名案でなく迷案③ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック