サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 特別損失を活用しなさい② | トップページ | 特別損失を活用しなさい④ »

2024年2月 7日 (水)

特別損失を活用しなさい➂

損益計算書には、多くの勘定科目があります。

なかでも活用したいのが「特別損失」です。

しかし決算書を拝見すると、

過去数年分を見ても「特別損失」がほとんどない、

という会社がまだまだ多いのです。

 

➂数年に一度の修繕費

 

建物も設備も、経年劣化が進んでゆきます。

その時に、

導入時のような状態に戻すための修繕費用は、

特別損失として計上してほしいのです。

「特別修繕費」として計上すればよいです。

 

建物であれば、外壁や床の塗装をやり直す、

駐車場のライン引き直し、車止めを補修する、壁紙を貼り直すなど。

機械設備であれば、数年に一度のオーバーホールで総点検する、

摩耗した部品を取り換える、など。

要は毎年行うようなことではなく、数年に一度は行う、

といったことを、「特別修繕費」として計上してほいいのです。

 

その時にひとつお願いがあります。

見積書や請求書への記載方法です。

「原状復帰のための外壁塗装」

「原状復帰のための設備総点検」

といった形で、「原状復帰のため」という文言を記載して

もらってほしいのです。

 

そう書かないと真っ先に文句をつけてくるのは、

顧問会計事務所です。

「これは修繕費ではなく、資産計上ですね。」

等と平気で言ってきます。その理由を聞くと、

「この請求書の内容では、壁紙を新しい別のものに貼り替えた

 ということなので、それは新たな資産ということになります。」

と税理士から言われたことがあります。

「じゃあ、請求書に“原状復帰のための壁紙貼り替え”と

記載してもらったらどうなんですか?実際にそうなんですよ。」

と尋ねました。

「まあ…、それならいいでしょう。」

と、どこまでも上から目線です。

“だったら最初からそうするように言ってくれたらいいじゃないか。”

と思ってしまうのです。

 

税務調査の折にも、

「教えてもらった通り、見積書にも請求書にも、

“原状復帰のため”と書いてあったので、

チェックはされましたが、何も指摘されませんでした。」

というお声を何度も聞きました。

 

数年に一度の、経年劣化を補修する修繕費は、

見積書と請求書のエビデンスを確保して、

「特別修繕費」として特別損失に計上してほしいのです。

 

(古山喜章)

« 特別損失を活用しなさい② | トップページ | 特別損失を活用しなさい④ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別損失を活用しなさい② | トップページ | 特別損失を活用しなさい④ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック