サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(13) | トップページ | 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(15) »

2024年4月 4日 (木)

小山昇氏の銀行対策はおかしい!(14)

小山昇氏著「1%の社長しか知らない 銀行とお金の話し」

がよく売れています。

しかし、同氏の持論は危険です。

“銀行からは借りれるだけ借りておきなさい”

“借金をして常に潤沢な現預金を持ちなさい”

この論理は、

“とにかくお金があれば安心できる”

という、財務を勘違いしている中小企業の社長には刺さるでしょう。

しかしこの考え方は、経営における明らかなミスリードなのです。

 

(14)銀行はどんな手を使っても回収に動く

 

会社が資金繰りに追われ始め、

社長は精神的ダメージで、見た目にその症状が現れ始めます。

頭の中はもはや、資金繰りのことしかない状態となるのです。

その様子を見れば、銀行はすぐに全額回収の危機を察知します。

となると、銀行はどんな手を使ってでも、

貸したお金をできるだけ多く回収しようと、容赦なく動きます。

 

まず、銀行管理に陥り、

一切の支出に関して、銀行の承認が必要になります。

仕事をしていない親族などは、真っ先に辞めさせられます。

当然、あらゆる経費が最低限に絞られます。

まさに聖域なきコストダウンが行われます。

 

それでも全額回収の見込みがなければ、

銀行は貸しているお金を債権として、サービサーへ売却します。

概ね、貸しているお金の1割で売ります。

サービサーは、1割以上を回収できれば、それが儲けとなります。

経営者はサービサーからの回収に追い込まれてゆきます。

こちらのほうが銀行よりもさらに取り立てが厳しいです。

 

しかし、サービサーへの売却はまだましなほうです。

もっとひどいのは、

銀行が裁判所に破産の申し立てをしてしまうことです。

破産の申し立ては、債権者の立場であれば可能です。

“会社が破産したら、まったく回収できないのでは”と考えがちです。

それは違います。

社長が個人保証をして会社で借金をしていたら、

会社が破産すればその弁済は個人に及びます。

社長個人の預金、不動産、証券など、

銀行は社長の資産状況をある程度把握しています。

「これは会社を破産させて、社長個人から回収したほうが、

多く回収できそうだ。」

と銀行が判断すれば、破産申し立てに動くのです。

 

こうなれば、社長は身ぐるみはがされます。

家族全員が路頭に迷います。親戚関係も崩壊します。

このようなことが、実際に起こっているのです。

必要以上に借金が多いということは、

想像を絶する恐怖と精神的ダメージへのリスクを抱えることです。

そのような状況に陥ってほしくないのです。

だから、

小山氏の書籍にある通りのことを、絶対にしないでほしいのです。

 

(古山喜章)

« 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(13) | トップページ | 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(15) »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(13) | トップページ | 小山昇氏の銀行対策はおかしい!(15) »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック