サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 今は本当に金利ある世界なのか① | トップページ | 今は本当に金利ある世界なのか➂ »

2024年5月28日 (火)

今は本当に金利ある世界なのか②

2024年3月、マイナス金利が解除されました。

マイナス金利導入の2016年から、8年を経過しての解除です。

報道ではやたらと「金利ある世界」になった、と言います。

金利がすぐにもどんどん上がるかのように報道されています。

しかし、本当にそうなのでしょうか。

 

②今のタイボ金利は2011年と同じ

 

「金利はタイボ(TIBOR)+スプレッド(上乗せ)にしなさい!」

と言い続けております。

タイボ(TIBOR)は、Tokyo InterBank Offered Rateの略です。

東京の銀行と銀行の間で日々取引される、

短期コール市場という取引相場の金利です。

毎日、変動するので、タイボ+スプレッドは、変動委金利です。

スプレッド(上乗せ)は、タイボ金利に加算する金利のことです。

 

長らく低迷していたタイボ金利も、

日銀がマイナス金利を解除して以来、じわじわ上がっています。

しかし、それをもって、

「金利がどんどん上がってきた!」

というのは、言い過ぎです。

まずは現状の上がり幅がどうなのか、ということです。



タイボ金利の推移のグラフをご覧ください。(1ケ月タイボです)

マイナス金利の時は、タイボ金利が0.05~0.07程度でした。

それが直近で、0.18273%です。

しかし、この金利もこの15年程度の推移でみると、

まだまだかなり低いことがわかります。

今のタイボ金利は、東日本大震災のあった、

2011年と同じレベルなのです。

 

さらにその前の2008年、リーマンショックの年で、

0.6833%でした。

その頃、すでにデフレモードで低金利になった、

と言われていた時代です。

その時に比べると、金利が上がってきた、とはいうものの、

金利ある世界に入ってきた、とまでは言い難いと思うのです。

ましてや、定期預金の金利が

0.001%から0.02%に金利が変わって

「金利が20倍になった!」と騒がしい報道をするのは、

情報による印象操作も甚だしいのです。

0.02%でも、まだまだ低金利です。

 

先のグラフを見ると、リーマンショックのあと、

3年ほど経過して金利が大きく下がっています。

上がる時も同じだと思うのです。

今の日本銀行は、3年ぐらいかけて、

金利を上げようとしているのではないか、と考えるのです。

 

なので、

タイボ金利が上がってきた!とはいうものの、

すぐに固定に切り替えたりする必要はないのです。

 

(古山喜章)

« 今は本当に金利ある世界なのか① | トップページ | 今は本当に金利ある世界なのか➂ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今は本当に金利ある世界なのか① | トップページ | 今は本当に金利ある世界なのか➂ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック