サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« それは、修繕費か資産か?④ | トップページ | 業績不振の銀行に気を付けなさい② »

2024年5月13日 (月)

業績不振の銀行に気を付けなさい①

2024年4月下旬、山形県のきらやか銀行が、

注入された公的資金の返済期限延長を国に申し入れした、

と報道されました。

 

①銀行にもゾンビがある

 

きらやか銀行は、山形県が地盤の第二地銀です。

山形県内では、山形銀行と荘内銀行の勢力が強く、

きらやか銀行は劣勢の地位にありました。

過去の業績も悪く、

これまでに3度、国から公的資金を注入されています。

2009年 200億円 リーマンショック後

2012年 100億円 東日本大震災の震災特例

2023年 180億円 コロナ禍のコロナ特例

と、マサカの坂のたびに、注入されています。

まだ全く返済していません。

本来なら潰れるべきが、公的資金で生き延びている状態です。

ゾンビ銀行なのです。

 

このうち、

2009年の200億円の返済期限が今年の9月で、

その期限延長を国に申し入れたのです。

いわば、銀行が国にリスケジュールを申し入れた、

ということです。

銀行にもリスケがあるのです。

 

中小企業が銀行にリスケを申し入れると、その後は

銀行からお金の使い方を厳しくチェックされるようになります。

貸したお金が返ってこないかもしれない、

危ない融資先として判断されるからです。

 

今回のきらやか銀行のリスケ申入れも同じです。

国から注入した公的資金は返済を前提としたものです。

それがこれまで全く返済されておらず、

その上での返済期限延長の要請です。

銀行業務としてのお金の使い方を、

金融庁から厳しくチェックされるようになったのです。

要は、いいかげんなお金の貸し方をしていないか、

ということです。

 

その影響が早くも出てきており、

山形県内の中小企業が倒産し始めたのです。

しかし、そのような倒産企業には、ある特徴があるのです。

(続く・・・)

 

(古山喜章)

« それは、修繕費か資産か?④ | トップページ | 業績不振の銀行に気を付けなさい② »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それは、修繕費か資産か?④ | トップページ | 業績不振の銀行に気を付けなさい② »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック