サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« それは、修繕費か資産か?② | トップページ | それは、修繕費か資産か?④ »

2024年5月 9日 (木)

それは、修繕費か資産か?③

地方の顧問先からの質問に対し、

国税庁からは、「こういう場合は修繕費、こういう場合は資産」

という見解が示されています。

これについては、明日ご紹介します。

 

そもそも、なぜ、修繕費か?資産か?

というテーマがよく問題になるのか、について、

ご説明をしておきます。

 

修繕費というのは、損益計算書(PL)で、

経費として処理されます。

損金にできるので、その分、

税引前利益を減らすことができ、節税につながります。

 

対して、修繕工事を、資産として計上してしまうと、

これは、長い時間をかけて、

減価償却費として経費(損金)にしていきます。

 

これが、何年になるかは、

どんな建物、設備に対して、工事をしたか?

によりますが、10年、20年くらいかけて、

経費(損金)にしてゆくことになります。

 

減価償却費とは、

「建物や設備の価値が1年間で、これだけ減りました」ということを表した金額です。

例えば、1億円の設備を買って、すぐに使い始めました。

さて1年後、この設備はいくらでしょうか?

 

金額では良くわかりませんね。

でも、わからないと困ります。

 

それを解決するために考えられたのが「減価償却」です。

設備は、長く使えば、やがて価値がなくなりますね。

これを専門用語で「償却する」と言います。

つまり、「帳簿上で、固定資産の価値を何年にもわたって、少しずつ減らしていき、償却させる(ゼロにする)こと」を減価償却というのです。

この、1年間で減った価値を「減価償却費」で表すのです。

 

価値が減ると言っても、実際に、お金は出ていきません。

あくまで、決算書上で、価値を少しずつ減らすのです。

 

会社にできるだけお金を残そうと思うと、

減価償却費(経費)を早く、大きく計上することがポイントです。

 

利益が出ている会社であれば、

修繕費で一気に損金として処理するか、

減価償却費で、少しずつ損金として処理するか、

は、税金支払いに関して大きな差がついてしまいます。

 

なので、ふつうは、

修繕費で処理したほうがよい、修繕費にしたい

と考えるわけです。

 

(福岡雄吉郎)

 

« それは、修繕費か資産か?② | トップページ | それは、修繕費か資産か?④ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それは、修繕費か資産か?② | トップページ | それは、修繕費か資産か?④ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック