サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« システム投資の支払方法⑤ | トップページ | 銀行交渉に強くなりなさい② »

2024年6月10日 (月)

銀行交渉に強くなりなさい①

“銀行が金利を上げる交渉に来ました!”

というお声を聞く機会が最近増えました。

このような時こそ落ち着いて、

このブログやICOの書籍・セミナーで学んだことを思い出し、

銀行の言いなりにならない交渉をしてほしいのです。

 

①メガバンクが先行して上げてきている

 

“銀行が金利を上げる交渉に来ました!”

と聞くことが増えてきました。

それがよく聞くとほとんどが、メガバンクです。

 

考えてみれば、

値上や賃金上昇も大企業から始まります。

大企業が先行して上げて、そのあとに中小企業が続きます。

メガバンクは今年、そろって大卒初任給を26万円にしました。

労務費のコストアップです。

その労務費アップ分を、金利を少しでも上げてカバーしよう、

というのがこの最近のメガバンクの利上げ目的です。

 

実際に、日本銀行が公表している、

国内銀行の新規融資金利の数字を見ればわかります。

メガバンクの長期融資の平均金利が、

昨年11月の0.747%から、3月は1.018%と、

じわじわ上げてきています。

その間、地方銀行は変らず、0.8%台です。

 

銀行が最近、金利アップの交渉をしてくるのは、

あくまでもコストアップへの対策です。

マイナス金利の解除とは、何の関係もありません。

行ってみれば、マイナス金利解除に合わせた、

便乗値上げみたいなものです。

 

銀行にはいまだ、

コロナ禍に政府がばらまいたお金がだぶついています。

まだまだカネ余りなのです。

資金需要が増えてきて金利を上げてきているのではありません。

本当に金利がどんどん上がるのは、

資金需要が膨らみ、日銀が長期金利をどんどん上げ始めた時です。

中小企業も含めて設備投資が活発になってきた時です。

 

それまではまだ、時間がかかりそうな状況です。

銀行の言葉に流されることなく、

「金利が上がるのならよそで借りて返します。」

と言えばよいのです。

 

(古山喜章)

« システム投資の支払方法⑤ | トップページ | 銀行交渉に強くなりなさい② »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« システム投資の支払方法⑤ | トップページ | 銀行交渉に強くなりなさい② »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック