サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」のお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 「賢い節税ゼミナー」のお知らせ
    書籍「社長の賢い節税」出版1周年を記念した、税務対策セミナーです。 2022年2月3日(大阪)、9日(東京)にて開催します。 詳細・お申込みはこちらから。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2022年度の日程が決定しました。4月21日(木)東京・オンライン、4月26日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細&お申し込みは追って連絡します。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第9巻「会社の病に効くクスリ」
    好評発売中! 井上和弘 経営革新全集 第9巻「会社の病に効くクスリ」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 中小企業がかかりやすい病の処方箋を、28社の事例から紹介します。今回は各話にマンガを挿入する、新たなスタイルの経営実務書となっております。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

節税対策&決算対策

2022年1月17日 (月)

なぜ、税理士は反対するのか ①

「総資産を縮めなさい!」

「特別損失を増やして営業利益を増やしなさい!」

と言い続けております。

ところが実践しようとした社長からは、

「税理士が反対しています…。」

といった回答の返ってくることが、いまだに多いのです。

 

①不動産の売買価格は鑑定評価どおりでないといけない

 

土地・建物が含み損を抱えている会社がありました。

「この機会に子会社へ売却して含み損を吐き出しましょう。」

と指導し、土地・建物の売却を実践することになりました。

いわゆる、オフバランスで総資産を縮める、

ということに着手をしたのです。

 

不動産鑑定士に依頼し、土地・建物を鑑定評価してもらいました。

鑑定評価の価格が仮に1億円だったとします。

さらにその鑑定評価額を元に、15%下げて、

8500万円で子会社へ売却することにしました。

オフバランスの目的からすれば、できるだけ安く売りたいのです。

簿価との差額が大きいほど、

売却損が増えて、税引き前利益を下げれるからです。

 

すると社長から、

「税理士が反対しているんです。」と連絡が入りました。

「どうして反対しているんすか?」

「鑑定額よりも下げてはいけない、

鑑定額どおりでないといけない、と言うんです。」

とのことだったのです。

 

その税理士先生に、

なぜ、鑑定額よりも下げてはいけないのか尋ねると、

「なんの理由もなく下げるのは不自然で、否認されかねない。」

とおっしゃるのです。

 

結局、その税理士先生からは、

「価格を下げる理由が10個以上あればいいでしょう。」

となり、10個以上あげて無事に売却したのです。

 

しかし、不動産を売る会社と買う会社があれば、

その2社間で、鑑定額を基準に交渉するのは当たり前です。

交渉の過程で鑑定額よりも10%~15%、

売買価格が前後するのは普通のことなのです。

森友学園の事件のように、

鑑定額から8割下げて、2割で売買するから叩かれるのであり、

10%~15%程度の値下げなら、問題ないのです。

 

それを、税理士先生は反対します。

このような例では概ね、

その税理士先生はオフバランスを経験したことがない、

経験はあるが鑑定額どおりでしか売買したことがない、

というパターンです。

 

要は、経営者が求めるようなオフバランスの経験がないのです。

「鑑定額通りでも損が出るのに、それより低いと否認される可能性がある、

だから価格を下げるのは危険だ。」と考えるのです。

とにかく

「否認されるかもしれない」ということを気にされるのです。

その対策として、

鑑定評価や各種議事録を整え万全に備えているのに、です。

 

不動産の売買価格は、鑑定評価よりも下げれます。

下げれないというのは、

経験のなさからくる思い込みに過ぎないのです。

 

(古山喜章)

2021年12月28日 (火)

税制改正(法人税)

与党が公表した税制改正大綱のうち、

・相続税と贈与税の一体化

・電帳法改正

は先送りになり、オーナー経営者、オーナー会社にとっては、

朗報だったといえます。

 

法人税部門においては、

今回、大きな改正はありませんでした。

 

私たちがお勧めしている即時償却は、

そもそも期限が再来年の3月末なので、

この意味では、来年の税制改正に注目といったところです。

 

そんななかで、

少額減価償却資産のうち、貸付用資産は対象から外れる、

という改正がありました。

 

改めて、少額減価償却資産というのは、

取得金額が10万円未満の資産(機械、備品等)です。

機械、備品といった固定資産は、

原則として資産に計上して、耐用年数に応じて損金に計上しますが、

例外的に10万円未満の場合は、一括して損金に計上できるのです。

 

と、ここで、たとえば、

・ドローン

・足場

・鉄板

など一体あたりが10万円未満のものを大量に購入し、

それを貸し付けすることで、一定の利回りと節税を実現しようとする会社が多く、

今回の改正では、この対策に歯止めが効かせられました。

 

税制改正の影響については、今後も定期的に発信してゆきます。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月17日 (金)

贈与税がなくなる?⑤

亡くなる3年以内にお父さんから子供へ行った贈与は、

相続財産に含められる、というルールがあります。

 

そして、このルール自体が、

今年の税制改正のポイントして注目を浴びていたのです。

税収を増やすには、富裕層から税金をとる必要があり、

その富裕層は、生前贈与を使って相続税を減らしている、

ということで、贈与税と相続税の一体化、

が税制改正のテーマになっていました。

 

週刊誌などでも、贈与税がなくなる!

など、インパクトのある見出しが並び、

贈与をするなら今のうち!というように、

あたかも、本当に贈与税がなくなるような

印象が強く与えられていました。

 

結論としては、今回の税制改正では、

相続税と贈与税の一体化は見送られました。

 

そもそも、この話は、

先に説明した、亡くなる3年以内の贈与を相続財産に含めるという話を、

亡くなる5年以内とか、亡くなる10年以内とか、

過去さかのぼる期間を延ばすことだと言われています。

決して贈与税がなくなる、という話ではありません。

 

なぜ、そういう話が出ているかといえば、

諸外国では、3年ではなく、10年とか15年とか、

結構長くさかのぼるからです。

ですが、結果的にその話自体も今回の税制改正では見送られました。

 

今後、遠くない将来にこの話は現実になると考えています。

ではその対策は?と言われれば、

「今すぐ、若いうちから贈与を計画的に行ってゆく」

 

これに尽きます。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月16日 (木)

贈与税がなくなる?④

相続税対策として、

低い税率の範囲内で、贈与を行うことを検討します。

しかし、贈与する時期に注意する必要があります。

 

つい最近あった事例では、

創業社長が年初に亡くなりました。

病気持ちの方でしたが、

あまりにも早いタイミングでした。

 

この方は、長男、長女、次女に対して、

ここ5年ほどは、年間300万円ほど贈与をしていました。

先般、遺産分割協議書もつくりおえて、

相続税の申告をしたのですが、

3人の子供がなげいていました。

 

「思っていたより、相続税が増えましたよ・・・・」

「どういうことですか?」

 

「親父がなくなる3年前からの贈与は、

相続財産に含めて相続税が計算されるみたいで、

ただでさえ、相続税がそれなりだったのが、

さらに増えました・・・」

 

そうです、亡くなる3年以内の贈与は、

相続財産に含められる、というルールがあります。

 

そして、このルール自体が、

今年の税制改正のポイントして注目を浴びていたのです。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月15日 (水)

贈与税がなくなる?③

相続税は最高税率が50%以上と言われ、

実際にそこまでかかる方は少ないものの、

「そんなに取られてはたまらない」

ということで、皆さん、何か良い方法はないか、

とあの手この手を考えます。

 

贈与額と贈与税の関係は

下記の通りです。

Zouyo

 

お分かりのとおり、

贈与額が増えれば増えるほど、

加速度的に税率があがります。

かといって、年間110万円の

非課税の範囲内で贈与していては、

なかなか財産が減っていかない、

という声もよくお聞きします。

 

これを見れば、贈与額が500万円前後が、

実行税率が10%くらいで、

しかも、それなりに贈与できる、

という意味で費用対効果が高いといえます。

 

しかし、この贈与については、

贈与する時期に注意する必要があるのです。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月14日 (火)

贈与税がなくなる?②

相続税は最高税率が50%以上と言われ、

実際にそこまでかかる方は少ないものの、

「そんなに取られてはたまらない」

ということで、皆さん、何か良い方法はないか、

とあの手この手を考えます。

 

これが贈与ですが、この贈与を巡って、

いま大きな変化が起きようとしているのです。

 

通常の贈与というのは、

「暦年贈与」と呼ばれるもので、

1月~12月までの間に

贈与を受けた側(子供)が、

贈与を受けた金額に応じて、

贈与税を支払うことになります。

 

よくこんがらがりますが、

贈与税は、贈与を受けた側が支払います。

また、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの

4人から、1年の間に、別々に贈与を受けた場合、

贈与を受けた合計額に応じて、贈与税を計算します。

 

なお、贈与を受ける金額が、

年間110万円までであれば、

贈与税はかかりません。

これは、よくご存じの方も多いと思います。

 

110万円以上の金銭等を受け取った場合は、

その金額に応じて、贈与税を支払うことになります。

 

この贈与税は、累進課税といって、

贈与を受ける金額に応じて、

贈与税の税率はだんだんとあがっていきます。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月13日 (月)

贈与税がなくなる?①

「とれるところからとる」

というのは、どの世界にも共通しており、

それは、国家とて例外ではありません。

 

国家の財政の源は税金ですが、

税金も「とれるところからとる」

という発想のもと制度設計がなされます。

 

富裕層の方にとって一番悩みの種は、

税金が高い、ということですが、

なかでも、相続税、また贈与税の税率の高さに

悩まされている富裕層は多いです。

 

特に、相続税は最高税率が50%以上と言われ、

実際にそこまでかかる方は少ないものの、

「そんなに取られてはたまらない」

ということで、皆さん、何か良い方法はないか、

とあの手この手を考えます。

 

そもそも、日本という国から脱出しようとされる方も、

なかにはいらっしゃいますが、

ほとんどは、日本国内で、

何とか良い方法を考えようとされます。

 

そこで、亡くなったときに、ガサっと

とられないように、生前のうちに、

少しずつ財産を子孫に分け与えようという発想になるのです。

 

これが贈与です。

 

ところがこの贈与を巡って、

いま大きな変化が起きようとしているのです。

 

(福岡雄吉郎)

 

2021年12月 3日 (金)

即時償却を使いましょう⑤

即時償却についてお話しましたが、

特にB型については、あまり使っている会社は、

多くないように感じます。

 

しかし、私からすれば、ちょっと手間はかかりますが、

その効果は大きいので、

要件を満たせば、積極的に使うべし、と思います。

 

改めて、なぜ、このB型は普及しないのでしょうか?

1.経営者が知らない

 

2.税理士も知らない

  知っていても、何だか面倒くさそうで敬遠している。

  やったことがないため、リスクが高いと感じている

 

3.知っていても面倒くさいからやりたくない

  実際に1度やったことがある方ならわかりますが、

  1度やってしまえば、どうってことはありません。

  やらず嫌い、という面は結構あります。

 

なんでもそうですが、ラクして、

大きな効果を得る方法などありません。

 

また分からなければ分かる人に任せればよいのです。

面倒くさければ、面倒くさいことをいとわない人に任せればよいのです。

この意味で、私たちICOコンサルティングは、

全国で30件以上、B型のお手伝いをしています。

もし、大型の設備投資を計画されていたら、

是非とも私たちにお声がけください。

 

(福岡雄吉郎)

2021年12月 2日 (木)

即時償却を使いましょう④

即時償却をすれば、減価償却は増やせると申し上げています。

ただし、これは、正確に言うと、設備を買った年の減価償却を増やす

という意味です。

つまり、設備を買ってから償却が終わるまでのスピードをアップする制度なのです。

 

100の設備を買った場合を考えましょう。

耐用年数を5年とすると、通常なら毎年20ずつ減価償却し、5年後に償却完了です。しかし、即時償却を使うと、買った年に減価償却費を100計上でき、償却完了です。

 

買ってすぐのときは、即時償却を使うことで減価償却を増やすことができるのです。

しかし、即時償却の場合、2年目以降の減価償却は、0となります。

つまり、5年間で見た場合には、両者とも減価償却費は100となり、違いがなくなります。

 

「5年間を通算すれば、どっちも変わらない。結局、大した意味がないじゃないか!」

このように思わないでください。

 

繰り返しですが、投資したお金はすぐ回収し、そのお金で再投資していただきたいのです。そうやって、強い会社を作っていっていただきたいのです。

 

企業経営には、いつなんどきマサカの坂がくるか、わかりません。

だから経営者の立場に立てば、少しでも多く手元に現金を置くことを考えるべきなのです。

そのためには、即時償却をして、投資したお金を素早く回収する必要があるのです。

税理士や経理マンは、今の売上がずっと続くと思っているから、

即時償却のメリットをあまり感じないのです。

 

中小企業は“少ない資産で利益を稼がなければいけません”。

即時償却すれば、資産が増えません。

特別損失で計上するので、経常利益は減りません。

結果的に、総資産経常利益率は、即時償却を選択したほうがよくなるのです。

 

(福岡雄吉郎)

2021年11月30日 (火)

即時償却を使いましょう②

即時償却は、『中小企業経営力強化法』という法律のもとで、使える制度です。

名前のとおり、この法律の対象は、資本金が1億円以下の中小企業です。

この制度を使うには、『経営力向上計画』を作成して、認定を受ける必要があります。

 

そして、この計画に、投資をする設備の内容を記載しておくのです。

具体的な設備内容は、後ほどご説明しますが、

大きくわけて次の①②のいずれかです。

 

①生産性向上設備(A型)

②収益力強化設備(B型)

 

ポイントはそれぞれ次のとおりです。

A型の設備投資のポイントは、「生産性が向上する」ことの証明が必要なこと

です。買った本人が、「これは生産性が上がるのだ」とどんなに言っても説得力に欠けます。このため、外部から証明書をもらう必要があります。

 

証明書をもらうというと面倒な感じがしますが、そんなことはありません。

 

「“中小企業経営力強化法”という制度を使いたいので、証明書を下さい!」

設備等の販売業者にこのように伝えてください。

彼らは、メーカーを通じて証明書を入手してくれます。

 

こちらのA型は使っている会社も多く、

皆さまにも、なじみがありますね。

 

次にB型の設備投資のポイントは、

投資利益率が5%以上の計画の作成が必要なこと。

大変難しそうなのですが、

この計画は、はっきりいって“絵に描いた餅”で結構です。

申請した通りの利益率が出なくても、まったく問題ありません(罰則なし)。

 

この計画は手間がかかりますが、即時償却できる範囲は、

A型に比べて広くなります。

私たちは、このB型をもっと使っていただきたいと思っています。

 

大きな税務メリットをとるには、こうした手続きを面倒くさがらずに、マメになることです。

 

(福岡雄吉郎)

より以前の記事一覧

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック