サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    次回セミナーは、 11月22日(大阪)、28日(東京)にて、 「決算対策セミナー」を予定しております。 詳細はあらためてご案内いたします。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

税務調査対策

2019年8月 5日 (月)

債権放棄でダブル課税②

例えば、社長が会社に1億円を貸し付けていました。

会社の資金繰りが厳しいので、

この1億円は、返してもらわなくてよい、

ということにしたとします。

 

となると、この会社は、社長個人から1億円の贈与を受けた、

ということになります。

この場合に、みなし贈与税がかかります、

というのが宗次氏のケースです。

 

どういうことかというと、

1億円の債権放棄が行われると、

その分、会社の株価があがり、

各株主が保有する株価があがる、ということです。

 

たとえば、簡単に、

次のような会社を考えます。

 

・株主は2人

・資本金100万円

・社長からの借入金1億円

つまり、自己資本が100万円の会社です。

 

 

簡単にいえば、

中小企業の株価=自己資本の金額

です。

 

なので、現在の株価は、3人合わせて100万円なのです。

 

 

ここで、社長から、

「俺が貸している借入金は、返さなくていいよ」と言われたとします。

簡単に言えば、社長からの借入金は、

この瞬間に、返済義務のないお金、

つまり、自己資本(利益剰余金)になります。

 

細かい話はさておき、

この1億円がまるまる自己資本になった場合、

株価は、1億円分プラスになります。

 

となると、この会社の株を持っている3名の株主は、

財産が増えることになります。

 

各株主にとって、この財産の増加は、

債権放棄してくれた人から、

その分の贈与を受けた、とみなされる、

ということなのです。

 

この場合だと、

1人3,333万円の贈与があった、

ということなのです。

 

税法は色々なことを考えていますね。

 

 

ただし、この会社がもともと、

1億円の債務超過だった場合はどうでしょうか?

 

この場合は、1億円の債権放棄があったところで、

株価は上昇しません。なので、みなし贈与は発生しない、

ということになります。

 

(福岡雄吉郎)

 

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

 

2019年8月 2日 (金)

債権放棄でダブル課税①

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者、

宗次氏の資産管理会社に税務調査が入りました。

 

ストラディバリウスを誤って、減価償却していた件については、

前回のブログの通りです。

 

この会社は、もう1点、国税局から否認されています。

それが、「みなし贈与」という問題です。

 

ここで、贈与税について、確認しておきます。

 

例えば、AさんからBさんに、

お金をタダであげる、これは、わかりやすい贈与です。

 

個人の場合は、贈与を受けた額が

年間110万円までは、贈与税はかかりません。

 

よく間違いやすいのは、贈与税というのは、

贈与をした人ではなくて、

贈与を受けた人が払うものです。

 

また、贈与は、直接お金をあげる場合に限らず、

例えば、AさんがBさんにお金を貸していて、

しばらくしてから、

「あのお金は、返してもらわなくていいよ」

という場合も、贈与にあたります。

 

これも結局は、お金をタダであげた、

ということと変わらないからです。

 

この話、個人と個人の間だと、比較的イメージしやすいのですが、

個人と法人の間になると、どうなるのでしょうか?

 

個人と法人の間でも、

上のような話があった場合は、

税金がかかることに変わりありません。

 

例えば、社長が会社に1億円を貸し付けていました。

会社の資金繰りが厳しいので、

この1億円は、返してもらわなくてよい、

ということにしたとします。

 

となると、この会社は、社長個人から1億円の贈与を受けた、

ということになります。

 

ただし、会社の税金のなかに、贈与税という税金はありません。

この場合は、1億円の利益(債務免除益)を計上して、

その分、法人税を払うことになります。

 

しかし、会社の場合、影響はこれだけに留まらない、

というケースがあります。

 

それが、今回、宗次一族が指摘された、

みなし贈与税、になります。

これについては、次回以降、ご説明します。

 

(福岡雄吉郎)

 

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

 

2019年7月24日 (水)

ストラディバリウスは美術品?

先月の日経新聞で、次のような記事が紹介されていました。

 

「カレーハウスCoCo壱番屋」創業者の宗次徳二氏(70)が

取締役を務める資産管理会社が名古屋国税局の税務調査を受け、

法人税約20億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。

 

イタリア製バイオリン「ストラディバリウス」など

本来は減価償却できない高価な楽器を経費として計上する税務上の誤りがあったという。

 

過少申告加算税を含む追徴税額は約5億円で、同社は既に修正申告し納付したという。

 

関係者によると、申告漏れを指摘されたのは、

名古屋市中区の資産管理会社「ベストライフ」。

 

宗次氏が2007年に同市・栄に設立したクラシック専用音楽ホール

「宗次ホール」の運営や管理をしている。

 

ストラディバリウスなど希少価値の高い楽器は年数を経ても価値が下がらず、

本来は減価償却が認められない。

 

ベストライフはこうした高価な約30丁を誤って経費として計上し、

16年6月期に法人税約20億円の申告漏れを指摘されたという。

 

宗次氏は6日、「当時の顧問税理士に楽器を『減価償却できる』と言われ、

税の知識が無く信じてしまった。大いに反省している。

税理士への法的措置を検討する」と話した。

 

このほか15年と17年、宗次氏と妻が同社に貸し付けていた約10億円の債権を放棄し、

同社の資産価値の上昇に伴って株価が上がった。

 

国税局はこの点について宗次夫妻による宗次氏ら株主7人に対する実質的な贈与とみなし、

贈与税でも約7億円の申告漏れを指摘した。

 

過少申告加算税を含む追徴税額は約4億円とみられ、株主はすでに納付したという。

 

宗次氏は1978年、壱番屋を創業。運営会社の社長として、国内最大のカレーチェーンを築いた。

02年に特別顧問となった後は若手音楽家らの支援に力を入れ、

総額28億円の私財を投じて宗次ホールを建設した。

 

 

この記事を要約すると、

 

①ストラディバリウスは美術品なので、減価償却できない

②債権放棄したらみなし贈与税がかかる

 

この2つを税務調査で指摘された、

というわけです。

 

会社はすでに修正申告を済ませているので、

誤りを認めたことにしています。

 

それぞれ何が問題だったのか、次回以降でみていきます。

 

 

(福岡雄吉郎)

 

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

 

2019年7月19日 (金)

税務調査がやってきた⑨

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

②会長の父親の給与をめぐるやりとりは、

前回の通りです。

 

調査官:

「大崎さんは、会長さんのお父さんなのですか?

それは問題です。話を聞く限り、

毎月8.5万円の対価に見合うだけの役務の提供がありません。

これについては、過去5年以上にわたって継続的に支払われており、

過大使用人給与ということで、5年分の否認対象となります。」

 

専務:

「・・・・・」

 

調査官:

「状況によっては、直接、会長のお父さんにお話を聞かなくてはいけません。

ご自宅の地図をお見せ下さい。」

 

いわゆる反面調査の可能性を匂わせてきました。

 

専務からは、

「本当に会長のお父さんのところに行かれるのでしょうか?

いきなり行かれると、相当びっくりして、大変なことになります。」

と不安な声があがります。

 

「いえ、そう言っているだけで、実際には行かないでしょう。

調査官も、そのように脅して、修正申告させることを狙っているんです。」

 

 

この②のテーマについては、

このような経緯があったのです。

 

 

さて、悩みました。

明らかに劣勢な状況をどのように反論するのか。

 

専務との作戦会議に、

急遽、常務にも参加してもらいました。

 

ふだん、会長の父親と交流が深いのは、

専務よりも常務なのです。

 

常務:

「会長の父親って、若い時から、××××を仕事としてやっていますよね。

高齢になった今でも、規模は小さいながらも、××××を続けています。

××××という仕事は、当社の直接の事業ではないですが、

それでも、間接的に当社と関係があります。

考えられるとしたら、このあたりではないですか?」

 

「なるほど!」

常務から良いヒントをもらいました。

 

あとは、会長の父親が行っている××××

という仕事がD社の経営に間接的ながらも、

大きな影響を与えていることを示せないか、

夜通し、頭をひねって考えました。

 

これらを文章にして、税務調査官への反論文書としたのでした。

 

正直、D社サイドでは、

「この指摘は、なかなか厳しいものだなぁ」と考えていました。

 

ところが2週間後、専務から電話があり、

「例の会長の父親の給与、税務署から認めてもらいました~!」

と報告があったのです。

 

今回は、一つ一つの指摘に、

文書で理論的に反論をしました。

これもエビデンスといえば、エビデンス、なのです。

 

まもなく人事異動というタイミングも追い風に、

こちらの主張は全て認められたのでした。

 

 

 

(福岡雄吉郎)

 

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

2019年7月17日 (水)

税務調査がやってきた⑧

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

①旅費交通費の期ズレ

D社会長の父親の給与

③改装工事に関する修繕費

④備品の経費計上

 

最後に調査官からの指摘をひっくり返すのが、

一番難しい②会長の父親の給与、を検討します。

 

実は、調査官と専務の間で、

こんなやりとりがありました。

 

調査官:

「損益計算書の給料の金額と、

賃金台帳の金額が合いません。

その差が、大崎太郎という方にあるようです。」

 

専務:

「この方には、振込ではなく、

現金で給料を支払っています。」

 

調査官:

「なぜ、この方だけこのような取り扱いをしているのですか?」

 

専務:

「この方の希望で、そのようにしていました。」

 

調査官:

「そうですか・・・

ところで、大崎さんの出勤記録など、

勤務している実績が分かるものはありませんか?

他の方は、みなさんタイムカードで記録されていますよね?」

 

専務:

「はい、わかりました。少しお待ち下さい。」

 

専務:

「えーっと、ですね・・・・

実は、えー、この方はタイムカードなど、

つけていないのです。」

 

調査官:

「えぇ?!そうなんですか?

他の方は、みなさんつけているのに、

なぜ、この方だけ勤務記録をつけていないのですか?

この方は、どういう仕事をしているのですか?」

 

専務:

「当社の××××という部門で、

アドバイスをしてもらっています。」

 

調査官:

「具体的には、どんなアドバイスですか?

月に8.5万円といったら、顧問税理士の先生よりも高額です。

ということは、それなりのアドバイスをしてもらっているんですよね?

ちなみに、ですが、この大崎さんと、

会長、社長、専務さんとはどのような関係でしょうか?

一族と関係ある方でしょうか?」

 

専務:

「えぇ、あの~、まぁ、はい。会長の父親です。」

 

その瞬間に調査官の表情が、一気に変わったのでした。

(つづく)

 

 

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

2019年7月12日 (金)

税務調査がやってきた⑦

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

①旅費交通費の期ズレ

D社会長の父親の給与

③改装工事に関する修繕費

④備品の経費計上

 

2つ目に検討したテーマは、

③の改装工事に関する修繕費です。

 

設備投資した場合に、

修繕費として計上するか、資産計上するか、

これも税務調査でよくあるテーマです。

 

改めて③の内容ですが、これは駐車場の工事です。

数か所のエリアに分けて舗装版の工事をしています。

エリアごとに請求書はありましたが、

その請求書には、『新設』の2文字があったため、

これが調査官の目に留まりました。

 

「専務、これはどのような工事だったのでしょうか?」

 

「はい、こちらも現場に確認しないと分からないので、

少しお待ちください。」

 

そして専務からは駐車場の図面が手渡されました。

 

「今回の工事は、この8区画で行われています。

それぞれの工事に応じた請求額の合計が、4,500,000円のようです。

調査官が請求書にマークした部分は、“舗装版撤去”と“舗装打換新設”です」

 

請求書に“新設”の2文字が見えてしまったため、

全体として駐車場の新設工事をした、

という主張なのです。

 

「どうしましょうか?」

 

「んー、法人税の基本通達を使って、反論しましょうか?」

 

今回のケースに一番近い通達は、

 

・機械の部分品の取替えに要した費用の額のうち

通常の取替えに要すると認められるものは、修繕費に計上できる。

 

・資産計上すべきか修繕費であるかが明らかでない金額がある場合、

60万円未満であれば、修繕費に計上できる。

 

調査官が指摘している請求書をよく見てみると、

請求書総額は450万円ですが、

舗装版撤去と舗装打換新設の合計は、

各区画でそれぞれ60万円未満なのです。

 

反論文書を作成し、提出したところ、

このテーマも、こちらの主張が認められたのです。

 

そして最後に、ハードルが高い②会長の父親の給与を検討したのです。

 

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

2019年7月10日 (水)

税務調査がやってきた⑥

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

①旅費交通費の期ズレ

D社会長の父親の給与

③改装工事に関する修繕費

④備品の経費計上

 

まず、比較的反論が簡単な④備品の経費計上からです。

中小企業の場合、30万円未満の備品は、経費(損金)にできます。

調査官の指摘は、請求書を見ると、65万円だったので、

経費計上は認められない、というものでした。

 

「専務、この請求書ですが、

中身は、ラック(収納棚)ですね。

ラックの数は、いくつですか?」

 

「はい、現場に聞いてみたところ、

2つだったようです。」

 

「んー、そうですか・・・

そうすると、1つあたり、65万円÷2=32.5万円ですね。

30万円未満とはならない・・・ん~困りましたねぇ。」

 

「何かいい方法はないのですか?」

 

「んー・・・・・・・・困りましたねぇ・・・

ん?専務、このサイドネット10,000円×440,000円というのは、

これは、このラックの附属品ですか?

 

それとも、他のラックにつけるために購入して、

今回のラックと請求を一緒にしてもらったのですか?

 

どっちでしょうか?あとのほうだと、助かりますが・・・」

 

「現場に確認しますので、少しお待ちください!」

 

「どうやら、先生がいったとおり、

この附属品は、別のラックのものみたいです!

でも、この40,000円を差し引いても、650,000円 - 40,000円で、

610,000円です。÷2をしても、300,000円を超えてしまいますよ!」

 

「大丈夫です、この金額って、消費税込ですよね?

税抜きにすれば、300,000円未満となります。

だから、少額減価償却資産になるので、損金計上できます。」

 

まずは、一つ目のテーマは、こうしてクリアしたのです。

 

2つ目のテーマは、次回に続きます。

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

2019年7月 8日 (月)

税務調査がやってきた⑤

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

①旅費交通費の期ズレ

D社会長の父親の給与

③改装工事に関する修繕費

④備品の経費計上

 

調査の指摘事項は4点あり、

期ズレを除く3点は苦しいながらも戦える、と思いました。

 

指摘事項を金額にしたものが下の図です。

金額は千円単位で、約一千万円の指摘です。下をクリックください。

ダウンロード - zeimu1.pdf

専務とどのように反論するか協議したのですが、

D社の顧問税理士から、このような提案がありました。

 

「専務、ここは、1年分だけ認めて修正申告したほうがよいですよ。

特に、②の会長のお父様の給与については、

金額も大きいですし、何より実態がないでしょう。

反論しても、ひっくり返せないですよ。

ここはひとつ、私の力で税務署に掛け合って、

1年分だけの修正申告で済ませるように交渉してみますので!

いかがですか?」

 

顧問税理士の案は、下の図です。

赤枠の部分を修正申告しましょう、ということでした。

ダウンロード - zeimu2.pdf

なるほど、そう来たか~。

税理士がよく考える方法ですね。

 

基本的に「払う」という大前提のもとで、

修正額を抑える、という考え方です。

 

一見、顧問先にとってメリットがあるように思えますが、

しかし、そこには、何の理論もありません。

税法もへったくれもないのです。

 

このブログでもお伝えしていますが、

税務署にお土産を渡す必要はありません。

 

あくまでD社は、戦うスタンスです。

 

そのように伝えても、

「②の父親の給与の件は、絶対に勝てません。

それなら、私の案のほうが、得ですよ。」と

何度も説得されました。

 

しかし、戦ってもいないのに負けを認めるのは、D社のポリシーに反します。

顧問税理士のアドバイスには耳を貸さず、

反論文書を作成することにしたのでした。

 

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

 

 

 

2019年7月 5日 (金)

税務調査がやってきた④

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査が入りました。

 

調査官は、総勘定元帳を使って、

特定の科目の部分を、

一つ一つ丹念に調べていきます。

 

グループ会社間の取引が狙われると思いきや、

そこはさほど見られませんでした。

 

その代わりに、オーソドックスな点が指摘にあがります。

 

指摘であがった点は、次の4つでした。

①旅費交通費の期ズレ

D社会長の父親の給与

③改装工事に関する修繕費

④備品の経費計上

 

これらの4つすべてに共通しているポイントは、

たった一つ。エビデンスでした。

 

もう少し詳しく言うと、

 

①この会社は、地方にあり、決算期は7月でしたが、

昨年8月に社員が東京出張しています。

 

旅行会社からの請求書には、

「8月東京出張」とはっきり書かれています。

 

経費を前倒ししたということで、

いわゆる“期ズレ”との指摘でした。

 

②金額的に一番大きく、

反論することがかなり難しいと感じた指摘でした。

 

D社会長の父親は、今年88歳を迎えます。

この父親に、毎月給料を85,000円支払っていました。

 

元気ではありますが、

ご想像の通り、実質的に仕事はしていません。

普段は自宅にいて、会社に出勤したことは一度もありません。

つまり社員として働いているというエビデンスは、何一つありません。

 

取締役、あるいは、監査役であれば

まだ良かったのですが、単に社員という扱いでしたので、困りました。

 

③店舗の駐車場の工事です。

数か所のエリアに分けて舗装版の工事をしています。

エリアごとに請求書はありましたが、

その請求書には、『新設』の2文字があります。

これが調査官の目に留まったのです。

 

④備品セットを購入していましたが、

その請求金額は、65万円でした。

中小企業の場合は、1台あたり30万円以上なら、

資産計上しなければなりません。

 

当然ですが、税務調査は短期間のうちに

調査しなければいけません。

時間がないなかで、お土産を持って帰ろうと思えば、

形式的な書類で判断せざるを得ないのです。

 

この意味で、契約書、請求書、取引記録といった

エビデンスの“見せ方”は、とても大切なのです。

 

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

2019年7月 3日 (水)

税務調査がやってきた③

今年の春先に、

顧問先D社に税務調査の電話が入りました。

 

D社の管轄は、G税務署でしたが、

実際に調査に入るのは、G税務署ではなく、

その隣のH税務署の調査官です。

 

H税務署のほうが、G税務署よりも大きいのです。

当日は、そのG税務署の特別国税調査官が

2名でやってくることに決まりました。

 

準備はここからです。

 

D社は、複数のグループ会社があり、

グループ会社間の取引を通じて、

色々な税務対策をしています。

(詳細は割愛します)

 

この点については、顧問税理士も

「みられるとしたら、グループ間取引でしょう。」

と言っており、一番心配していました。

 

専務との事前準備のなかで、

これらの取引の証拠書類を改めて見直します。

その見直しの時間を十分にとるという意味でも、

調査の時期を遅らせたのは効果的でした。

 

グループ間取引の契約書、価格の決定根拠、取引の記録などなど、

テーマを絞って、集中的にエビデンスの整理を行い、

税務調査当日を迎えたのでした。

 

初日に、専務に対して概況のヒアリングがスタートします。

 

調査官:

「御社(D社)は、グループ会社であるE社に対して、

××××という名目で毎期、4千万円ほど支払っていますね。」

 

 

専務:

「はい、そうですね(やっぱり来たか~!)」

 

調査官:

「その取引の記録は作られていますか?」

 

専務:

「はい!!(できる限りの準備はしていたため、即答)」

 

調査官:

「わかりました、結構です。」

 

D社は黒字で、E社は赤字です。

D社としては、正当な理由があって、E社へ支払っていますが、

税務署からすると、利益調整と見えなくはありません。

 

実は、会社がちょっと心配していたこのグループ間取引は、

これ以上、追及されることはありませんでした。

 

拍子抜けすることになったのですが、

このときに専務が自信をもって「記録があります!」

と答えたことが大きかったと思います。

 

当然、それだけの返事は、

しっかりしたエビデンスの作りこみがあったからこそ、

なのです。

 

(福岡雄吉郎)

【新刊発売しました!】

福岡雄吉郎の最新刊

『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』

いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、

中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。

具体的かつ実践的な税務対策を指南します。

本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

 

【好評発売中!】

古山喜章の最新刊

『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』

会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!

決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。

財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!

難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、

財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

 

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、

会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、

「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

より以前の記事一覧

おすすめブログ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック